サイトアフィリエイトのSEO対策について必要な3つのこと

Yahooの検索エンジンがGoogleに変更した事で、日本のSEO対策は、Googleをターゲットにすればいいことになりました。

正確にはBing等、他にもありますが、検索利用者のほとんどがYahooGoogleを利用しているので、Google以外の検索エンジンは目に留めなくても問題ないです。

アフィリエイト初心者の人は、Yahooなのに、Google?とよく分からないかもしれませんが、分かりやすく言うと、YahooとGoogleの検索結果が共通していると言う事です。

Yahoo!やGoogleのそれぞれのオリジナルコンテンツが検索結果には反映されているため、そっくりそのまま一緒と言うわけではありませんが、根本的な順位は一緒になっています。

後にYahoo独自のフィルタが追加されるかも知れませんが、その時にはGoogle対策だけに限らずYahoo対策も必要になります。
Googleに効果的なSEO

Googleの検索順位をアップさせるために必要なのが被リンクです。

また、Googleはサイトの認知度という物も重点を置くことがよくあります。認知度をアップさせるには、サイト名、ブログ名等でリンクをしてもらうことが効果があります。

 

ペナルティについて

GoogleのSEOを行う時に心配 なのがペナルティです。普通のSEOを取り組むだけであればペナルティを受ける事はほとんどありえないのですが、内部SEO、外部SEO問うことなく過度なSEO対策はペナルティの原因になります。

最も厳しいペナルティが、ドメインを根こそぎ削除されることです。どんなキーワードで検索してみてもまったく自分のサイトが検索結果から消されてしまうのです。このようなペナルティは大いに酷いことをしなければ受けませんが、順位が落ちるというペナルティは、ありがちな事なので、気を付けてください。

 

サイトの内容の重要性

Googleで導入されたパンダアップデート等により、被リンク以外の要因でサイト判断する傾向が強くなっています。これは内部SEOテクニックの効果が上がっているという訳でなく、コンテンツを保持するサイトじゃないと評価されるのが困難になっているのです。

アフィリエイトサイトを作成する場合、商品を売る事だけ考えたペラペラのサイトになりがちですが、検索エンジンからの流入を考えるなら、きちんとしたサイト作成が重要となるのです。
サイトの評価が下げられたりペナルティを食らってしまうと、手間暇かけて作ったサイトであっても、順位やアクセス数が大きく下がってしまう危険性もあります。リンクに縛られすぎず、できる限りコンテンツ重視のサイト作りを目指していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です