月別アーカイブ: 2016年6月

サイトアフィリエイトの更新とSEO対策の関連性

サイトアフィリエイトをするのにサイト更新は前提としてあります。

サイトを更新しているということは最新の情報を提供しているということになります

 

グーグルは常に更新して最新の情報を提供してるサイトに評価を高くしていくので

更新頻度が高いのは上位表示を目指しているなら最初のうちは実行しなければなりません
もしあなたがダイエット方法について調べていたら昔の情報がのっているサイトよりも

最新の方法を提供しているサイトを知りたいはずです。
なのでSEO対策面だけではなくてユーザーにとっても大切になってきます

理想の更新頻度は毎日です

 

ですがそれが厳しいようでしたら一週間に一度や一か月に一度は更新しましょう。

更新をしないサイトは徐々に順番が落ちてくるので何か月も更新が全くされない

サイトをつくるのはSEO面でも弱くなってしまいます。

 

意図的に更新日を消す

あまりよくないのですがもし完成したサイトの更新を

ほとんどする必要がないのでしたら訪問者に

この情報が古いと決めつけられない為にも

意図的に記事日付、新着記事を消す方法もあります

サイトアフィリエイトのSEO対策にはソーシャルブックマークが効果的!

ソーシャルブックマークとは、「はてなブックマーク」等といった、オンラインブックマークの事です。昔はいくつものソーシャルブックマークがあったが、現時点でまともに使えるのは、はてブだけになっています。

あくまでもオンラインの中で使えるブックマークとして活用している人もいますが、大勢が仲間同士のコメントのやり取りをする道具として使用しています。

 

はてなブックマークからのリンクには被リンク効果が期待できるのですが、作りたての自演アカウントで大量にリンクしたとしてもほとんど効果はないと思われます。

長期間で日ごろから使用されているアカウントからリンクをしてもらう事に意味があるのです。

アフィリエイトブログで数多くのはてブを集める事ができたら、「アフィリエイト」の超ビッグキーワードで上位表示がされると考えられます。
上位表示される期間は短期間ですが、アクセスアップには丁度いいでしょう。
はてなブックマークによるアクセスアップ効果

たくさんのブックマークを集めたら、注目度上がるので、必然的にサイトがアクセスアップします。これはTwitter等でも同じように、たくさんリツイートされた場合のように、被リンクの効果よりもアクセスアップ効果のほうが大きいかもしれませんね。

ですが、このような特定の記事に注目が集まるようなアクセスアップ効果は、長くても数日程度で収まってしまうでしょう。ですのでリピーター増加には結び付きません。しかし、何回も注目されるような記事を書けば自分のブログへ意識を向けられるので、少しずつでもアクセス数は上がっていくと思われます。

SEOやアクセスアップに役に立つツールとしてソーシャルブックマークは重要な存在であると言えます。
このように、普段から自分が使っているツール等をうまくアフィリエイトへ組み込んでいけば、アクセスアップや記事へのヒラメキへと繋がっていきますね。

サイトアフィリエイトの記事作成する際、ペナルティを受ける意外な理由とは?

あなたはサイトアフィリエイト記事を書いていてどのような記事を書くとGoogleによるペナルティを受け取ることになると思いますか?

『自動ツールを使う』『ワードサラダを使う』『コピペ記事を使う』

『キーワードを埋め込みすぎる』『特殊文字で隠す』

などがグーグルからペナルティをもらうことはほとんどの人が基本的な事として知っていると思います
上記のような場合、グーグルロボットでもチェックすることができますが、

ですがグーグルのスタッフがチェックするのはそれだけではありません

あなたがコピペを記事を使用することがなく全て自分の文字で書いてもペナルティを

がくる場合もあるのです
まず原因の一つとしてアフィリエイトリンク先の記事情報と似通っている場合です

 

アフィリエイト先の商品ページを参考にしながら書いているので

通常、グーグルロボットなどでは引っかかることはないのですが、グーグルスタッフには

こちらが見抜かれることがあります

 

どうしてペナルティをくらうかと言うと紹介しているアフィリエイトサイトが独自の情報がないからです

アフィリエイトサイトを使う必要がなく販売ページで同じ情報をてに入れることができるなら、

販売ページだけでことが足りるからですね。

 

なので自動ペナルティではなくスタッフによるペナルティを受けてしまう場合もあるので

アフィリエイトサイトには販売ページには書いていない体験やレビュー(デメリットも含む)

比較など独自のコンテンツを含む必要がでてきます
また他にもペナルティを受ける可能性があります

他のサイトと内容が類似してる場合も同様に

同じ内容のサイトが出てきても意味がないのでこのようなありきたりなサイトは

ペナルティを課される可能性があります

 

なのでこちらも他のサイトには無いような独自のコンテンツを必要とします

他のサイトと同じ内容でもターゲットを狭めて深堀りするようになど情報媒体

を音声や動画、写真など変えるなども独自のコンテンツとして成立しやすいですね

 

グーグルペナルティのまとめ

  • 自動ロボットに引っかかるスパム行為はやめよう
  • 販売ページと違う内容を含めよう
  • 他のサイトと違う内容を含めよう

以外にもこれらは自分には関係ないものだと思っていても

実際にペナルティを受けている人もたくさんいるので

しっかりと確認してみましょう

サイトアフィリエイトの被リンクを付けるときの陥りやすい3つの注意点

被リンク対策をするのにいちばんいいのが良質な情報を提供して他のユーザーに紹介してもらえるのが一番ですがそれは難しいので、自演の被リンク対策をする場合、グーグルからペナルティを受けないための3つの被リンク対策方法を説明します

アンカーテキストが偏っている

アンカーテキストというのは、

<a href=”http://”>詳しくはこちら</a>

と いう様に記述して、クリックできるようになったテキスト文字 のことです。

この例では、アンカーテキストは『詳しくはこちら』です

被リンクからのアンカーテキストが明らかに全て同じだったり不自然な構造ですと

グーグルからペナルティをもらう可能性があります

なので言葉の分散が必要になります

サイトボリュームと比率があっていない

被リンク対策をするタイミング・やり時でも説明しましたがサイトボリュームが少ないのに明らかに被リンクの数が多すぎるといったり

リンク構造に不自然がある場合も危険ですのでサイトボリュームができてからの対策をしましょう

 

被リンクの為のサイト

被リンクとしてサイトを作ったのがグーグルにばれてしまう場合ペナルティをもらう

危険性が大きいです。

更にこの場合、被リンクとしてのサイトからのリンクをもらうだけでペナルティをもらう可能性もあります

ペラサイトでしたり被リンク購入ですとこのような危険があるのでなるべく避けたいですね

SEO対策すべてに言えることなのですが不自然にならないことをできるだけ意識してください

グーグルは自然が大好きなので自然な状態を意識して被リンク対策すればペナルティをもらう可能性は少ないでしょう

サイトアフィリエイトのSEO対策で重要な被リンクのタイミング・やり時

サイトアフィリエイトではSEO対策上被リンクが重要に

なってきます
被リンクは他のサイトからリンクをつないでもらうことなのですが

自然に被リンクが増えれば一番自然の形でいいのですが、時間がかかり

なかなか他のユーザーが自分のサイトを紹介してくれるほどの情報は

できなと思います
なのでどうしても自演での被リンク対策や、被リンク購入に頼りがちになってしまいますが、

こちらもタイミングが大事になってきます

タイミングというのは、サイト記事数と被リンク数の関係性が大切です

例えば、サイト記事が少ないのに被リンク数が沢山でしたら不自然な構図ができてしまうので

グーグルからペナルティをもらう可能性が出てきます

なのでサイト記事の数が沢山ある状態で被リンクがあれば自然でグーグルからの評価もよくなってきます
つまり、被リンク対策は事が少ない状態では被リンク対策をすることは危険記事数が増えてきたら

被リンクの対策をし始めるのがベストです

 

具体的な記事数と被リンク数の関係性

サイト記事数がいくつ必要かというとサイトがテーマとしている記事内容を網羅しているならば

100記事以下でも大丈夫でしょう

 

しかし、被リンク対策をするならば最低25記事以上は必要になってくるでしょう

 

被リンク数に関しては狙っているキーワードで上位表示できるまで被リンク数は必要になってきます

 

なのでライバルとの相対でどのくらいの対策すればいいか決まってくるでしょう