サイトアフィリエイトの被リンクを付けるときの陥りやすい3つの注意点

被リンク対策をするのにいちばんいいのが良質な情報を提供して他のユーザーに紹介してもらえるのが一番ですがそれは難しいので、自演の被リンク対策をする場合、グーグルからペナルティを受けないための3つの被リンク対策方法を説明します

アンカーテキストが偏っている

アンカーテキストというのは、

<a href=”http://”>詳しくはこちら</a>

と いう様に記述して、クリックできるようになったテキスト文字 のことです。

この例では、アンカーテキストは『詳しくはこちら』です

被リンクからのアンカーテキストが明らかに全て同じだったり不自然な構造ですと

グーグルからペナルティをもらう可能性があります

なので言葉の分散が必要になります

サイトボリュームと比率があっていない

被リンク対策をするタイミング・やり時でも説明しましたがサイトボリュームが少ないのに明らかに被リンクの数が多すぎるといったり

リンク構造に不自然がある場合も危険ですのでサイトボリュームができてからの対策をしましょう

 

被リンクの為のサイト

被リンクとしてサイトを作ったのがグーグルにばれてしまう場合ペナルティをもらう

危険性が大きいです。

更にこの場合、被リンクとしてのサイトからのリンクをもらうだけでペナルティをもらう可能性もあります

ペラサイトでしたり被リンク購入ですとこのような危険があるのでなるべく避けたいですね

SEO対策すべてに言えることなのですが不自然にならないことをできるだけ意識してください

グーグルは自然が大好きなので自然な状態を意識して被リンク対策すればペナルティをもらう可能性は少ないでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です