サイトアフィリエイトの記事作成する際、ペナルティを受ける意外な理由とは?

あなたはサイトアフィリエイト記事を書いていてどのような記事を書くとGoogleによるペナルティを受け取ることになると思いますか?

『自動ツールを使う』『ワードサラダを使う』『コピペ記事を使う』

『キーワードを埋め込みすぎる』『特殊文字で隠す』

などがグーグルからペナルティをもらうことはほとんどの人が基本的な事として知っていると思います
上記のような場合、グーグルロボットでもチェックすることができますが、

ですがグーグルのスタッフがチェックするのはそれだけではありません

あなたがコピペを記事を使用することがなく全て自分の文字で書いてもペナルティを

がくる場合もあるのです
まず原因の一つとしてアフィリエイトリンク先の記事情報と似通っている場合です

 

アフィリエイト先の商品ページを参考にしながら書いているので

通常、グーグルロボットなどでは引っかかることはないのですが、グーグルスタッフには

こちらが見抜かれることがあります

 

どうしてペナルティをくらうかと言うと紹介しているアフィリエイトサイトが独自の情報がないからです

アフィリエイトサイトを使う必要がなく販売ページで同じ情報をてに入れることができるなら、

販売ページだけでことが足りるからですね。

 

なので自動ペナルティではなくスタッフによるペナルティを受けてしまう場合もあるので

アフィリエイトサイトには販売ページには書いていない体験やレビュー(デメリットも含む)

比較など独自のコンテンツを含む必要がでてきます
また他にもペナルティを受ける可能性があります

他のサイトと内容が類似してる場合も同様に

同じ内容のサイトが出てきても意味がないのでこのようなありきたりなサイトは

ペナルティを課される可能性があります

 

なのでこちらも他のサイトには無いような独自のコンテンツを必要とします

他のサイトと同じ内容でもターゲットを狭めて深堀りするようになど情報媒体

を音声や動画、写真など変えるなども独自のコンテンツとして成立しやすいですね

 

グーグルペナルティのまとめ

  • 自動ロボットに引っかかるスパム行為はやめよう
  • 販売ページと違う内容を含めよう
  • 他のサイトと違う内容を含めよう

以外にもこれらは自分には関係ないものだと思っていても

実際にペナルティを受けている人もたくさんいるので

しっかりと確認してみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です