pompoom のすべての投稿

サイトアフィリエイトでGoogleからペナルティを受けるケース

有料リンクとは、お金を払いリンクをして貰うことです。本当なら質のいいサイトを作って、自然とリンクを集めたいですが、ビッグワードやミドルワードを狙う場合、有料リンクを利用しているサイトもあるため、有料リンクを利用するしかない方もいるのではないでしょうか。

 

現在でも有料リンクを販売しているSEO業者は多く見られますが、そのリスクは時間が経つにつれて大きくなっていますので、その場限りの利益を求める人で無い限り利用しないほうがいいと思います。
Googleは有料リンクについて、提供する側、購入する側共にペナルティを与えると公言しています。
有料リンクのみならずスパムリンク、行き過ぎた自演リンクはペナルティの対象になりますので人工的なリンク構築をする際にはペナルティに注意が必要ですね。
昔に比べて現在は有料リンクを購入する人はずいぶん減ってきています

 

SEO業者もリンク販売からコンテンツSEOサービスに切り替えています。いまさら有料リンクを買おうと思う人は少ないと思いますが、買う場合には大きなリスクがあることを承知しておきましょう。

 

2011年あたりからGoogleは有料リンク等の不正リンクをしているサイトに対して、Google Search Consoleで警告メッセージを送るようになりました。これは、不自然リンク警告と言われています。

 

リンクを貼っている側もされている側も同じ様に警告を受けており、警告を受けてしまったサイトのほとんどがペナルティを受けています。ペナルティの内容は検索順位の下落のようです。

 

以前では考えられないほどに、Googleは不正リンクを排除しています。今まではリンクしてもらう側は、あまりリスクはなかったのですが、現在は非常にリスクがあると思います。
ペナルティを受けるリンクの種類

  • 有料リンク
  • 過度の相互リンク
  • 質の悪い自演リンク
  • 自動リンクツールでのリンク

このようなリンクが、不正リンク警告等でのペナルティ対象です。

 

現在でも有料リンクや自演リンクをでリンクをしているサイトは多くありますが、これから今まで以上に規制が厳しくなってくることを考えると、危険をおかしてまで不正リンクするのはやめた方が良いでしょう。

 

なかなか自然リンクを受けることができなくても、一生懸命作ったサイトを崩すことだけはしたくないですよね。

 

地道にコツコツ取り組むことが1番の近道かもしれませんね!

サイトアフィリエイトで稼ぐ種類のやり方と方法

AdSenseはクリック保証型、ASPアフィリエイトは成果報酬型、のようにアフィリエイトには色々な報酬形態があります。この記事ではクリック保証型と成果報酬型が違う部分について説明していきます。

 

  • クリック保証型・・・広告がクリックされれば報酬が発生します
  • ASPアフィリエイト・・・商品やサービスが売れると報酬が発生する

 

クリック保障型サービスとは

AdSenseみたいなクリック保証型サービスを扱っているASPは数少なく、アフィリエイターの大半が成果報酬型を使っています。

 

クリック保証型の特徴は、利用者がクリックするのみでアフィリエイターの収入となる部分がありますが、1回のクリックで生じる報酬は小さく、またそこから利用者が商品など購入しても利益はありません。

 

ですが、クリック保証型が安定的に報酬が得られることで人気なのも事実です。クリック単価が割高な広告もありますから、ワンクリックで成果報酬型と同じ程度の稼ぎが得られることがあり得るのも魅力的な1つだと言えます。

 

クリック保障型サービスは、管理を続けるのがとっても大変だといえるでしょう。AdSenseが誕生した2004年ごろには、他の会社のクリック保障型サービスも複数あったのですが、現在では全く見ることはありません。

クリック保証型アフィリエイトであれば、圧倒的にAdSenseをおすすめします。報酬が一番高いのもAdSenseです。審査や規約が厳しいことが少々デメリットではありますが、それだけサイトの信用性が重要なサービスだということです。

AdSenseでも1ヶ月100万円超のアフィリエイト収益を得ることだってできます。ブロガーはASPアフィリエイトに比べてAdSenseに向いている可能性もありますので、自分にあったものを拡大していくことがいいのではないでしょうか。

 

成果報酬型サービスとは

このところのメジャーなアフィリエイトの種類というのが、成果報酬型サービスです。大手の企業で言うとamazonや楽天をはじめ、A8.net、バリューコマース、インフォトップなどがあります。
有名どころのASPは多くが成果報酬型と考えていいでしょう。

 

成果報酬型とは、利用者がセールスページを見て、その商品や等を買う事で、ようやくアフィリエイターの報酬となるのです。
AdSenseと同じ様に広告ページを見られただけでは、報酬にはなりません。

 

そして、成果報酬型の特徴としては、報酬単価が割高なのです。割高と言っても商品の3%~10%ほどが多いですが、中には10%を超えるという商品もあるのです

 

インフォトップのような情報商材を販売しているASPのケースでは、報酬額が商品の50%を超えるという事も結構あります。
情報商材アフィリエイトは短い期間に収益が出る点で魅力的ですね。
クリック保障型よりも成果報酬型の方が良いかもしれないと思うでしょうが、先ほど言ったように成果に繋がらないと全く収益は入りませんので、どちらもチャレンジするのが賢明でしょう。

 

ですが、成果報酬型の方が安定的に稼ぐことが困難で、1ヶ月数万円の収入を安定させるまでが大変だと思いますので、まずはAdSenseで安定した収益が入るようになってから成果報酬型にチャレンジしてみるのがいいでしょう。

アフィリエイトサイトにクローラーを呼んで検索順位を上げる

更新頻度はSEOやアクセス増加において非常に大切な要素と言えます。

 

Googleは、新しく作られた新鮮なページ上位に表示します。

 

それはどのような場合かと言うと、今人気が集中している、注目されているキーワードが利用されているサイトです。

 

ブームが消えてくると、上位表示される事もなくなりますが、瞬間的ではありますが、人気キーワードで上位表示されると言うのはいいことですね。

 

更新頻度を上げるとクローラの訪問頻度も上がる

サイトの更新間隔を上げたほうが良いもう一つの目的は、検索エンジンのクローラの訪問周期をアップさせる事です。クローラはネット上に存在するページをデータベースにインデックスする事がメインの役割です。

新しくページを作ったとしてもインデックスされないと検索結果に表示される事はないのです。SEOでは特定のキーワードで上位表示する事が必要ですが、たくさんのページをインデックスされる事も大切なのです。

クローラはリンクを辿って新しい記事を見つけていくので、記事を更新したら以前にインデックスされた記事からリンクを貼り付けるのが一番です。
しかし毎回リンクすることはできないと思います。

 

わざわざリンクを張らなくても、後にインデックスされる可能性が高いですが、できるだけ早くインデックスをしてもらうために肝心なのが更新頻度というわけです。

 

ずっと更新されていないサイトに頻繁に訪れても、何も情報を貰う事ができないので、そのようなサイトにはクローラがそれほど訪れません。
それとは逆に、毎日頻繁に更新しているサイトでは、新しい情報ばかりですので、クローラも頻繁に訪問しくれるのです。

 

更新頻度を上げていけば、おのずとクローラの訪問回数も上がっていくので、数ヶ月後には記事をアップしてすぐインデックスしてもらえるはずです。

 

さらに、新しい記事を更新していくだけでなく、過去に作成した記事の修正もしていくといいですね。

訪問者に常に最新の情報を与えていくことができます。

やはり、クローラー等の機械の対策をするのも重要ですが、あなたのサイトに訪問してくれる人を1番大切にしたいですね!

サイト記事で上位表示する為の記事作成方法・やり方

記事を書いていく上で、キーワードはかなり重要になります。検索エンジンは基本的に記事内で使われたキーワードを取り上げて検索結果に表示するので、記事内に含まれないキーワードでは上位表示出来ないでしょう。

 

正しくは記事内に含まれないキーワードでも上位表示する事は出来ますが、多少難しいので、基本的には記事内に含まれるキーワードで検索エンジンが順位に影響すると意識してください。

 

ですが、近年の検索エンジンは非常に賢く進化していますので、文章の中にキーワードを無理やり入れることはおすすめできません。

 

SEOを考慮したページを作るとき、どうしてもキーワードが多く入るページになりがちですが、他の人が読んでわかりにくい文章や、ストレスだと感じるようなキーワードが詰め込まれた文章だと検索エンジンからも評価されない可能性が大きいでしょう。

 

かつての検索エンジンは、記事内で一定のキーワードが何回用いられているのかと言うことも検索順位を決める要因として取り入れていたみたいですが、今現在の検索エンジンはそのようなものは関係ないので、ページ内でキーワードを何回使うか、等は気にしなくてよさそうです。

 

記事それぞれでメインのキーワードを決めて作成する事は重要ですが、そのキーワードを意識して記事を書いていけば、自然にキーワードを取り入れた記事ができますよ。

 
検索エンジンに好まれる特徴

  • 他サイトとの被りが少なく、オリジナルのサイト
  • 関連のキーワードが豊富に組み込まれている
  • 特定の専門的な知識のある文章

検索エンジンは、綺麗な文章や理解しやすい文章を評価するということではありません。自分にしかかけない個性的な内容で、専門的な文章でしたら、評価してもらえます。

 

検索エンジンに嫌われる特徴

  • 広告だらけの明らかにアフィリエイトメインのサイト
  • 文章量が少ない
  • 同じような内容ばかりの記事

簡単に言えば、訪問者にとって有益でないページが評価を下げられる、もらえないと考えられます。
アフィリエイトサイトの場合、広告が多く中身が無いページも多くなりがちです。

そうならないように、自分だけのオリジナルを意識して記事、サイト作成に取り組んでいきましょう。

サイトアフィリエイトの自演被リンク対策でペナルティを受けない為のやり方・方法

自分自身でリンクを増大させる場合、トップページへ繋がるように貼る人が多いのですが、トップページにリンクを集中させすぎると、過剰な自演リンクと思われてしまうことがあり、ペナルティの対象になってしまうのです。

 

サイトの価値を高める為に、ナチュラルリンクだけでどうにかするのは難しいですので、多くの場合サテライトサイトやリンク集などを使った自演リンクが必要になってくるでしょう。しかし、自演リンクに対する評価は、リンクの貼り方等によりまるっきり効果が変わります。その時に特に大事になるのが貼り方です。

 

サテライトサイトを作るとどうしてもTOPページにリンクを貼りたくなってしまいがちなのですが、ディープリンクへとすることで、サイト価値をアップさせることができます。

 

アフィリエイトで作ったサイトは自然なリンクがされにくいサイトです。
なので、自演リンクを使うことが多くなるのですが、ペナルティなどのリスクを避けるために、なるべく行わないように、できる限りトップページには貼らない方がいいでしょう。
リンクを増やすペースは?

たくさんのリンクを一度に増やす事で、短い期間でサイトの評価を良くできるかも知れませんが、少し間違えればスパム行為扱いをされてしまい大幅に順位を下げる事もあるかもしれません。

被リンクは基本的にゆっくりと長期間で少しずつ増やしていき、リスクをさけながら評価をアップさせるのが効果的です。

ページの数が多いサイトですと、全ページに被リンクを貼ることは大変な事かも知れませんが、そのような時には、メインのページや、大切なページにリンクを貼るといいと思います

 

やはり大きなサイトを作るとなると、多少の自演リンクは必要になってきます。ですが、長期的な主サイトを目指すのでしたら ロングテールのSEO対策が必要になってきますね。

なるべくリスクを伴わないリンク貼りを意識するようにしましょう。

サイトアフィリエイトの更新とSEO対策の関連性

サイトアフィリエイトをするのにサイト更新は前提としてあります。

サイトを更新しているということは最新の情報を提供しているということになります

 

グーグルは常に更新して最新の情報を提供してるサイトに評価を高くしていくので

更新頻度が高いのは上位表示を目指しているなら最初のうちは実行しなければなりません
もしあなたがダイエット方法について調べていたら昔の情報がのっているサイトよりも

最新の方法を提供しているサイトを知りたいはずです。
なのでSEO対策面だけではなくてユーザーにとっても大切になってきます

理想の更新頻度は毎日です

 

ですがそれが厳しいようでしたら一週間に一度や一か月に一度は更新しましょう。

更新をしないサイトは徐々に順番が落ちてくるので何か月も更新が全くされない

サイトをつくるのはSEO面でも弱くなってしまいます。

 

意図的に更新日を消す

あまりよくないのですがもし完成したサイトの更新を

ほとんどする必要がないのでしたら訪問者に

この情報が古いと決めつけられない為にも

意図的に記事日付、新着記事を消す方法もあります

サイトアフィリエイトの記事作成する際、ペナルティを受ける意外な理由とは?

あなたはサイトアフィリエイト記事を書いていてどのような記事を書くとGoogleによるペナルティを受け取ることになると思いますか?

『自動ツールを使う』『ワードサラダを使う』『コピペ記事を使う』

『キーワードを埋め込みすぎる』『特殊文字で隠す』

などがグーグルからペナルティをもらうことはほとんどの人が基本的な事として知っていると思います
上記のような場合、グーグルロボットでもチェックすることができますが、

ですがグーグルのスタッフがチェックするのはそれだけではありません

あなたがコピペを記事を使用することがなく全て自分の文字で書いてもペナルティを

がくる場合もあるのです
まず原因の一つとしてアフィリエイトリンク先の記事情報と似通っている場合です

 

アフィリエイト先の商品ページを参考にしながら書いているので

通常、グーグルロボットなどでは引っかかることはないのですが、グーグルスタッフには

こちらが見抜かれることがあります

 

どうしてペナルティをくらうかと言うと紹介しているアフィリエイトサイトが独自の情報がないからです

アフィリエイトサイトを使う必要がなく販売ページで同じ情報をてに入れることができるなら、

販売ページだけでことが足りるからですね。

 

なので自動ペナルティではなくスタッフによるペナルティを受けてしまう場合もあるので

アフィリエイトサイトには販売ページには書いていない体験やレビュー(デメリットも含む)

比較など独自のコンテンツを含む必要がでてきます
また他にもペナルティを受ける可能性があります

他のサイトと内容が類似してる場合も同様に

同じ内容のサイトが出てきても意味がないのでこのようなありきたりなサイトは

ペナルティを課される可能性があります

 

なのでこちらも他のサイトには無いような独自のコンテンツを必要とします

他のサイトと同じ内容でもターゲットを狭めて深堀りするようになど情報媒体

を音声や動画、写真など変えるなども独自のコンテンツとして成立しやすいですね

 

グーグルペナルティのまとめ

  • 自動ロボットに引っかかるスパム行為はやめよう
  • 販売ページと違う内容を含めよう
  • 他のサイトと違う内容を含めよう

以外にもこれらは自分には関係ないものだと思っていても

実際にペナルティを受けている人もたくさんいるので

しっかりと確認してみましょう

サイトアフィリエイトの被リンクを付けるときの陥りやすい3つの注意点

被リンク対策をするのにいちばんいいのが良質な情報を提供して他のユーザーに紹介してもらえるのが一番ですがそれは難しいので、自演の被リンク対策をする場合、グーグルからペナルティを受けないための3つの被リンク対策方法を説明します

アンカーテキストが偏っている

アンカーテキストというのは、

<a href=”http://”>詳しくはこちら</a>

と いう様に記述して、クリックできるようになったテキスト文字 のことです。

この例では、アンカーテキストは『詳しくはこちら』です

被リンクからのアンカーテキストが明らかに全て同じだったり不自然な構造ですと

グーグルからペナルティをもらう可能性があります

なので言葉の分散が必要になります

サイトボリュームと比率があっていない

被リンク対策をするタイミング・やり時でも説明しましたがサイトボリュームが少ないのに明らかに被リンクの数が多すぎるといったり

リンク構造に不自然がある場合も危険ですのでサイトボリュームができてからの対策をしましょう

 

被リンクの為のサイト

被リンクとしてサイトを作ったのがグーグルにばれてしまう場合ペナルティをもらう

危険性が大きいです。

更にこの場合、被リンクとしてのサイトからのリンクをもらうだけでペナルティをもらう可能性もあります

ペラサイトでしたり被リンク購入ですとこのような危険があるのでなるべく避けたいですね

SEO対策すべてに言えることなのですが不自然にならないことをできるだけ意識してください

グーグルは自然が大好きなので自然な状態を意識して被リンク対策すればペナルティをもらう可能性は少ないでしょう

サイトアフィリエイトで稼ぐ事が出来ない3つの理由

サイトアフィリエイトを実践していく上で初心者が失敗しやすいこととは何でしょうか?
アフィリエイトを始めたばかりの頃は自分の取り組み方に不安になることが絶対に出てくると思います。

そこで、今回は不安になった時にこそ思い出してほしいことをお伝えします。

 

他のノウハウに揺らがない

アフィリエイトを取り組んでから、成果が出るまでにはある程度の時間がかかります

報酬が入らない期間に、他の教材などの甘い言葉に揺らいでしまいがちです

例えば

「2時間で3万円手に入る方法!」

「空き時間にクリックするだけで月10万円稼げる!」

とか…どう考えても怪しい方法に騙されてしまうこともあります

 

さらに、騙されると、次こそは!とか良からぬことを考え…次から次へと新たな教材へ手を出してしまいます

稼げてもいないのに教材を沢山持っている…

これが、よく言う「ノウハウコレクター」です

 

まだ報酬を得ることができていない人はノウハウコレクターに陥りやすいです

アフィリエイトは種類にもよりますが、初めてすぐ稼げることはあまりありません

して待つこともアフィリエイトの一部なのです
目標を決めて行動する
アフィリエイトを始める前に、まずは目標を決めるようにしましょう
決める内容は、「期間」「金額」あたりでしょうか

例えば、「3ヶ月以内に5万円稼ぐ」

みたいなものですね
ですが、初心者の方は、最初は目標のハードルを下げておくほうがいいです

なぜかと言うと、月に5千円以上稼げるアフィリエイターは90%以下と言われています

高い目標はやる気を根こそぎ奪ってしまいます

なので、なるべく現実的な金額でスタートしましょう!
決めたアフィリエイトノウハウで、目標期間内は精一杯取り組んでみましょう!

 

サイトアフィリエイトサイトでアフィリエイトをしてはいけない理由

アフィリエイトサイトとして構築しているとサイトがアフィリエイトの為だけのサイトになりやすくなっていまいます

 

これは陥りやすい大きな間違えです

 

アフィリエイトの為だけのサイトでは検索エンジンから来た人にとって有益な情報がないのでサイトにきた直後にそのサイトから離れられてしまいます

 

そうなると検索エンジンからも良い評価を受けずSEO的にもよくありません

 

なのでサイトアフィリエイトをする際にも、常に訪問する人に情報を提供できるサイトを作らなければなりません

 

商品目的だけでなく多くの人は検索エンジンをつかい情報を欲しかったり悩みを解決するための手段がほしいので

 

優良な情報を提供したうえでの商品紹介などが望ましいです

 

アフィリエイト2:情報8でしたらユーザーにとっても満足できるサイト構成だと思います