カテゴリー別アーカイブ: サイトアフィリエイト基礎知識

アフィリエイトサイトにクローラーを呼んで検索順位を上げる

更新頻度はSEOやアクセス増加において非常に大切な要素と言えます。

 

Googleは、新しく作られた新鮮なページ上位に表示します。

 

それはどのような場合かと言うと、今人気が集中している、注目されているキーワードが利用されているサイトです。

 

ブームが消えてくると、上位表示される事もなくなりますが、瞬間的ではありますが、人気キーワードで上位表示されると言うのはいいことですね。

 

更新頻度を上げるとクローラの訪問頻度も上がる

サイトの更新間隔を上げたほうが良いもう一つの目的は、検索エンジンのクローラの訪問周期をアップさせる事です。クローラはネット上に存在するページをデータベースにインデックスする事がメインの役割です。

新しくページを作ったとしてもインデックスされないと検索結果に表示される事はないのです。SEOでは特定のキーワードで上位表示する事が必要ですが、たくさんのページをインデックスされる事も大切なのです。

クローラはリンクを辿って新しい記事を見つけていくので、記事を更新したら以前にインデックスされた記事からリンクを貼り付けるのが一番です。
しかし毎回リンクすることはできないと思います。

 

わざわざリンクを張らなくても、後にインデックスされる可能性が高いですが、できるだけ早くインデックスをしてもらうために肝心なのが更新頻度というわけです。

 

ずっと更新されていないサイトに頻繁に訪れても、何も情報を貰う事ができないので、そのようなサイトにはクローラがそれほど訪れません。
それとは逆に、毎日頻繁に更新しているサイトでは、新しい情報ばかりですので、クローラも頻繁に訪問しくれるのです。

 

更新頻度を上げていけば、おのずとクローラの訪問回数も上がっていくので、数ヶ月後には記事をアップしてすぐインデックスしてもらえるはずです。

 

さらに、新しい記事を更新していくだけでなく、過去に作成した記事の修正もしていくといいですね。

訪問者に常に最新の情報を与えていくことができます。

やはり、クローラー等の機械の対策をするのも重要ですが、あなたのサイトに訪問してくれる人を1番大切にしたいですね!

サイト記事で上位表示する為の記事作成方法・やり方

記事を書いていく上で、キーワードはかなり重要になります。検索エンジンは基本的に記事内で使われたキーワードを取り上げて検索結果に表示するので、記事内に含まれないキーワードでは上位表示出来ないでしょう。

 

正しくは記事内に含まれないキーワードでも上位表示する事は出来ますが、多少難しいので、基本的には記事内に含まれるキーワードで検索エンジンが順位に影響すると意識してください。

 

ですが、近年の検索エンジンは非常に賢く進化していますので、文章の中にキーワードを無理やり入れることはおすすめできません。

 

SEOを考慮したページを作るとき、どうしてもキーワードが多く入るページになりがちですが、他の人が読んでわかりにくい文章や、ストレスだと感じるようなキーワードが詰め込まれた文章だと検索エンジンからも評価されない可能性が大きいでしょう。

 

かつての検索エンジンは、記事内で一定のキーワードが何回用いられているのかと言うことも検索順位を決める要因として取り入れていたみたいですが、今現在の検索エンジンはそのようなものは関係ないので、ページ内でキーワードを何回使うか、等は気にしなくてよさそうです。

 

記事それぞれでメインのキーワードを決めて作成する事は重要ですが、そのキーワードを意識して記事を書いていけば、自然にキーワードを取り入れた記事ができますよ。

 
検索エンジンに好まれる特徴

  • 他サイトとの被りが少なく、オリジナルのサイト
  • 関連のキーワードが豊富に組み込まれている
  • 特定の専門的な知識のある文章

検索エンジンは、綺麗な文章や理解しやすい文章を評価するということではありません。自分にしかかけない個性的な内容で、専門的な文章でしたら、評価してもらえます。

 

検索エンジンに嫌われる特徴

  • 広告だらけの明らかにアフィリエイトメインのサイト
  • 文章量が少ない
  • 同じような内容ばかりの記事

簡単に言えば、訪問者にとって有益でないページが評価を下げられる、もらえないと考えられます。
アフィリエイトサイトの場合、広告が多く中身が無いページも多くなりがちです。

そうならないように、自分だけのオリジナルを意識して記事、サイト作成に取り組んでいきましょう。

サイトアフィリエイトの被リンクを付けるときの陥りやすい3つの注意点

被リンク対策をするのにいちばんいいのが良質な情報を提供して他のユーザーに紹介してもらえるのが一番ですがそれは難しいので、自演の被リンク対策をする場合、グーグルからペナルティを受けないための3つの被リンク対策方法を説明します

アンカーテキストが偏っている

アンカーテキストというのは、

<a href=”http://”>詳しくはこちら</a>

と いう様に記述して、クリックできるようになったテキスト文字 のことです。

この例では、アンカーテキストは『詳しくはこちら』です

被リンクからのアンカーテキストが明らかに全て同じだったり不自然な構造ですと

グーグルからペナルティをもらう可能性があります

なので言葉の分散が必要になります

サイトボリュームと比率があっていない

被リンク対策をするタイミング・やり時でも説明しましたがサイトボリュームが少ないのに明らかに被リンクの数が多すぎるといったり

リンク構造に不自然がある場合も危険ですのでサイトボリュームができてからの対策をしましょう

 

被リンクの為のサイト

被リンクとしてサイトを作ったのがグーグルにばれてしまう場合ペナルティをもらう

危険性が大きいです。

更にこの場合、被リンクとしてのサイトからのリンクをもらうだけでペナルティをもらう可能性もあります

ペラサイトでしたり被リンク購入ですとこのような危険があるのでなるべく避けたいですね

SEO対策すべてに言えることなのですが不自然にならないことをできるだけ意識してください

グーグルは自然が大好きなので自然な状態を意識して被リンク対策すればペナルティをもらう可能性は少ないでしょう

サイトアフィリエイトサイトでアフィリエイトをしてはいけない理由

アフィリエイトサイトとして構築しているとサイトがアフィリエイトの為だけのサイトになりやすくなっていまいます

 

これは陥りやすい大きな間違えです

 

アフィリエイトの為だけのサイトでは検索エンジンから来た人にとって有益な情報がないのでサイトにきた直後にそのサイトから離れられてしまいます

 

そうなると検索エンジンからも良い評価を受けずSEO的にもよくありません

 

なのでサイトアフィリエイトをする際にも、常に訪問する人に情報を提供できるサイトを作らなければなりません

 

商品目的だけでなく多くの人は検索エンジンをつかい情報を欲しかったり悩みを解決するための手段がほしいので

 

優良な情報を提供したうえでの商品紹介などが望ましいです

 

アフィリエイト2:情報8でしたらユーザーにとっても満足できるサイト構成だと思います

サイトアフィリエイトの3つのキーワード選定ツールの活用法

サイトアフィリエイトをするのにユーザーにとって必要な記事を具体的に書くにはいくつかテーマが必要になってきます

そのなかでも大きく3つに分けて説明していきます

 

心配事の解決

例えば、プレステーション4を購入するのに、「修理保証はいつまで続くのか」「どの程度なら修理できるのか」
「付属品はどこまでついてくるのか」「これからどんなソフトがでてくるのか」など心配事を解決してあげる
ことにより商品を買う後押しをしてあげ商品が売れやすくなるのです

体験談

その商品を実際に使用してみた感想などの体験談を多く載せることに商品を買おうか悩んでいる人にとっては

安心して買うことができます

例えば、プレステ4をアフィリエイトしたく自分もプレ4を実際に使ってみて自分のレビューや他のサイトから沢山の人の体験談

を集めてできるだけ紹介してあげれば、「このサイト一だけで沢山の人の体験談を知ることができる」と思われるので重宝してもらえるサイトになります

ニッチ情報

詳しくニッチな情報が記載されているサイトで「このサイトにしかここまで詳しく情報がのってない」と思ってもらえるサイトも商品なども売れやすく有益なサイトになります

例えば、プレステ4を発売日、プレステ4の魅力などのようにありふれた情報提供ですとユーザーは
「こんなの知ってるよ」「他のサイトでもあったな」と思われるので、プレステ4の画質の解像度は○○、プレステ4のソフト容量と対応など詳しくニッチな情報ですとよりユーザーを引き付けることができるでしょう

 

これらのテーマが決定したらキーワード選定ツールを使ってキーワード選定していくことが効率的になりますね

 

サイトアフィリエイトで内部・外部SEO対策と危険なSEO対策

SEOとは

まるで認知度が低い無名のサイトでもアクセス数をアップさせられるのがSEOです。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語ですと、検索エンジン最適化と訳されるのです。間違った使い方ではありますが、SEO対策と呼ばれる場合もあります。
簡単にいますと、特定のキーワードで検索された時に、検索結果の上位表示をさせるようにする事を意味します

 

SEOについての説明をすると、何ページあっても足りません…ですので、ここでは簡単な概要の説明をします。
アフィリエイトを行う上で必ず必要となる重要な説明です。

 

検索エンジンとはYahooやGoogleのような検索をするためのシステムのことです。

内部SEOとは

SEOは2つに分けて内部SEOと外部SEOがあります。内部SEOとはサイト内部の構造
検索エンジンに好印象を与えるようにし、評価を高くして上位表示させるものです。

 

内部SEOのなかで最も大切なのがタイトル設定です。titleタグに含まれるキーワードを検索エンジンは重要視していますので、上位表示させたいキーワードをtitleタグにつけます。1つのタイトルにいくつもキーワードを入れ込んでしまうと、それぞれのキーワードへの評価が小さくなってしまうので、一度に2つか3つにしましょう。

 

次いで重要なのが、内部リンク構造です。全てのページに検索エンジンのクローラが移動しやすいように各々のページからリンク飛ばしておくことが大切です。

 

その他にも、テキストの量やサイトのボリューム、質などが大切ですが、取り敢えずはタイトル付けと内部リンクを集中的にして行くのが良いのではないでしょうか。
外部SEOとは

外部SEOというのは被リンク対策のことです。被リンクとは、自分のサイトが他サイトからリンクをしてもらうことです。検索エンジンがサイトを判断する基準として被リンクの質や量を一番重視しているので、他サイトから沢山リンクされることはとても重要なのです。

 

ところが、最近の検索エンジンは、リンクの数だけに限らず、リンクの質をチェックするようになっています。全く評価されていないサイト達から何個ものリンクをしてもらうより、評価されている1つのサイトからリンクをしてもらう方が価値があります。

 

初心者の方は、どのようなサイトが評価されているか分からないと思うので、まずはそれほど気にしないで、数多くのサイトからリンクをしてもらえる良いサイトを作るためにはどんな努力が必要か、考えていきましょう。

 

外部SEOでは、自分自身で無料ブログ等を立ち上げて、自分のサイトに自分でリンクをする事も効果があります。いわゆる自作自演になりますが、他サイトからのリンクを待っているだけでは、いつになってもサイトの評価はアップしないので、自演をして被リンクを増加させることも重要なのです。

 

ただし、検索エンジンは質の低いリンクは評価しないので、自演リンクにそれほど時間をかけずに、サイト内の中身を作ることに意識して自然とリンクを集められるようにした方がいいでしょう。
不自然なリンクはやめよう

人工的にリンク構築をしているサイトに関し、Google はで「不自然リンク警告」というものを送るようにしています。警告を受けてしまうとペナルティを食らう危険性があります。

 

他にも「質の低い被リンク」があるサイトに関してはサイト評価を下げるような施しをされる可能性が大きいので注意が必要です。自演リンクの全部がいけないという訳ではないですが、相互リンクや質の低い検索サイトからのリンクや、リンクをつなげることだけを目的にされている自演リンク、業者が販売している有料のリンク等はそのサイトにとって被害を受ける危険性もあります。

 

このような事を考えると、この先のGoogleの外部SEOは、どのようにして自然リンクを集めるコンテンツが作れるかという事が大切になってきます。自演リンクや有料リンクは危険が伴います。しっかりしたコンテンツを充実させたサイトがペナルティを受けた際のダメージは計り知れないので、モチベーションを下がらないようにするためにも、自演リンクはなるべく行わないアフィリエイトを目指したいものですね。

サイトアフィリエイトのSEO対策について必要な3つのこと

Yahooの検索エンジンがGoogleに変更した事で、日本のSEO対策は、Googleをターゲットにすればいいことになりました。

正確にはBing等、他にもありますが、検索利用者のほとんどがYahooGoogleを利用しているので、Google以外の検索エンジンは目に留めなくても問題ないです。

アフィリエイト初心者の人は、Yahooなのに、Google?とよく分からないかもしれませんが、分かりやすく言うと、YahooとGoogleの検索結果が共通していると言う事です。

Yahoo!やGoogleのそれぞれのオリジナルコンテンツが検索結果には反映されているため、そっくりそのまま一緒と言うわけではありませんが、根本的な順位は一緒になっています。

後にYahoo独自のフィルタが追加されるかも知れませんが、その時にはGoogle対策だけに限らずYahoo対策も必要になります。
Googleに効果的なSEO

Googleの検索順位をアップさせるために必要なのが被リンクです。

また、Googleはサイトの認知度という物も重点を置くことがよくあります。認知度をアップさせるには、サイト名、ブログ名等でリンクをしてもらうことが効果があります。

 

ペナルティについて

GoogleのSEOを行う時に心配 なのがペナルティです。普通のSEOを取り組むだけであればペナルティを受ける事はほとんどありえないのですが、内部SEO、外部SEO問うことなく過度なSEO対策はペナルティの原因になります。

最も厳しいペナルティが、ドメインを根こそぎ削除されることです。どんなキーワードで検索してみてもまったく自分のサイトが検索結果から消されてしまうのです。このようなペナルティは大いに酷いことをしなければ受けませんが、順位が落ちるというペナルティは、ありがちな事なので、気を付けてください。

 

サイトの内容の重要性

Googleで導入されたパンダアップデート等により、被リンク以外の要因でサイト判断する傾向が強くなっています。これは内部SEOテクニックの効果が上がっているという訳でなく、コンテンツを保持するサイトじゃないと評価されるのが困難になっているのです。

アフィリエイトサイトを作成する場合、商品を売る事だけ考えたペラペラのサイトになりがちですが、検索エンジンからの流入を考えるなら、きちんとしたサイト作成が重要となるのです。
サイトの評価が下げられたりペナルティを食らってしまうと、手間暇かけて作ったサイトであっても、順位やアクセス数が大きく下がってしまう危険性もあります。リンクに縛られすぎず、できる限りコンテンツ重視のサイト作りを目指していきたいですね。