タグ別アーカイブ: サイトアフィリエイト ペナルティ

サイトアフィリエイトでGoogleからペナルティを受けるケース

有料リンクとは、お金を払いリンクをして貰うことです。本当なら質のいいサイトを作って、自然とリンクを集めたいですが、ビッグワードやミドルワードを狙う場合、有料リンクを利用しているサイトもあるため、有料リンクを利用するしかない方もいるのではないでしょうか。

 

現在でも有料リンクを販売しているSEO業者は多く見られますが、そのリスクは時間が経つにつれて大きくなっていますので、その場限りの利益を求める人で無い限り利用しないほうがいいと思います。
Googleは有料リンクについて、提供する側、購入する側共にペナルティを与えると公言しています。
有料リンクのみならずスパムリンク、行き過ぎた自演リンクはペナルティの対象になりますので人工的なリンク構築をする際にはペナルティに注意が必要ですね。
昔に比べて現在は有料リンクを購入する人はずいぶん減ってきています

 

SEO業者もリンク販売からコンテンツSEOサービスに切り替えています。いまさら有料リンクを買おうと思う人は少ないと思いますが、買う場合には大きなリスクがあることを承知しておきましょう。

 

2011年あたりからGoogleは有料リンク等の不正リンクをしているサイトに対して、Google Search Consoleで警告メッセージを送るようになりました。これは、不自然リンク警告と言われています。

 

リンクを貼っている側もされている側も同じ様に警告を受けており、警告を受けてしまったサイトのほとんどがペナルティを受けています。ペナルティの内容は検索順位の下落のようです。

 

以前では考えられないほどに、Googleは不正リンクを排除しています。今まではリンクしてもらう側は、あまりリスクはなかったのですが、現在は非常にリスクがあると思います。
ペナルティを受けるリンクの種類

  • 有料リンク
  • 過度の相互リンク
  • 質の悪い自演リンク
  • 自動リンクツールでのリンク

このようなリンクが、不正リンク警告等でのペナルティ対象です。

 

現在でも有料リンクや自演リンクをでリンクをしているサイトは多くありますが、これから今まで以上に規制が厳しくなってくることを考えると、危険をおかしてまで不正リンクするのはやめた方が良いでしょう。

 

なかなか自然リンクを受けることができなくても、一生懸命作ったサイトを崩すことだけはしたくないですよね。

 

地道にコツコツ取り組むことが1番の近道かもしれませんね!

サイトアフィリエイトの記事作成する際、ペナルティを受ける意外な理由とは?

あなたはサイトアフィリエイト記事を書いていてどのような記事を書くとGoogleによるペナルティを受け取ることになると思いますか?

『自動ツールを使う』『ワードサラダを使う』『コピペ記事を使う』

『キーワードを埋め込みすぎる』『特殊文字で隠す』

などがグーグルからペナルティをもらうことはほとんどの人が基本的な事として知っていると思います
上記のような場合、グーグルロボットでもチェックすることができますが、

ですがグーグルのスタッフがチェックするのはそれだけではありません

あなたがコピペを記事を使用することがなく全て自分の文字で書いてもペナルティを

がくる場合もあるのです
まず原因の一つとしてアフィリエイトリンク先の記事情報と似通っている場合です

 

アフィリエイト先の商品ページを参考にしながら書いているので

通常、グーグルロボットなどでは引っかかることはないのですが、グーグルスタッフには

こちらが見抜かれることがあります

 

どうしてペナルティをくらうかと言うと紹介しているアフィリエイトサイトが独自の情報がないからです

アフィリエイトサイトを使う必要がなく販売ページで同じ情報をてに入れることができるなら、

販売ページだけでことが足りるからですね。

 

なので自動ペナルティではなくスタッフによるペナルティを受けてしまう場合もあるので

アフィリエイトサイトには販売ページには書いていない体験やレビュー(デメリットも含む)

比較など独自のコンテンツを含む必要がでてきます
また他にもペナルティを受ける可能性があります

他のサイトと内容が類似してる場合も同様に

同じ内容のサイトが出てきても意味がないのでこのようなありきたりなサイトは

ペナルティを課される可能性があります

 

なのでこちらも他のサイトには無いような独自のコンテンツを必要とします

他のサイトと同じ内容でもターゲットを狭めて深堀りするようになど情報媒体

を音声や動画、写真など変えるなども独自のコンテンツとして成立しやすいですね

 

グーグルペナルティのまとめ

  • 自動ロボットに引っかかるスパム行為はやめよう
  • 販売ページと違う内容を含めよう
  • 他のサイトと違う内容を含めよう

以外にもこれらは自分には関係ないものだと思っていても

実際にペナルティを受けている人もたくさんいるので

しっかりと確認してみましょう