タグ別アーカイブ: サイトアフィリエイト 自演被リンク対策

サイトアフィリエイトの自演被リンク対策でペナルティを受けない為のやり方・方法

自分自身でリンクを増大させる場合、トップページへ繋がるように貼る人が多いのですが、トップページにリンクを集中させすぎると、過剰な自演リンクと思われてしまうことがあり、ペナルティの対象になってしまうのです。

 

サイトの価値を高める為に、ナチュラルリンクだけでどうにかするのは難しいですので、多くの場合サテライトサイトやリンク集などを使った自演リンクが必要になってくるでしょう。しかし、自演リンクに対する評価は、リンクの貼り方等によりまるっきり効果が変わります。その時に特に大事になるのが貼り方です。

 

サテライトサイトを作るとどうしてもTOPページにリンクを貼りたくなってしまいがちなのですが、ディープリンクへとすることで、サイト価値をアップさせることができます。

 

アフィリエイトで作ったサイトは自然なリンクがされにくいサイトです。
なので、自演リンクを使うことが多くなるのですが、ペナルティなどのリスクを避けるために、なるべく行わないように、できる限りトップページには貼らない方がいいでしょう。
リンクを増やすペースは?

たくさんのリンクを一度に増やす事で、短い期間でサイトの評価を良くできるかも知れませんが、少し間違えればスパム行為扱いをされてしまい大幅に順位を下げる事もあるかもしれません。

被リンクは基本的にゆっくりと長期間で少しずつ増やしていき、リスクをさけながら評価をアップさせるのが効果的です。

ページの数が多いサイトですと、全ページに被リンクを貼ることは大変な事かも知れませんが、そのような時には、メインのページや、大切なページにリンクを貼るといいと思います

 

やはり大きなサイトを作るとなると、多少の自演リンクは必要になってきます。ですが、長期的な主サイトを目指すのでしたら ロングテールのSEO対策が必要になってきますね。

なるべくリスクを伴わないリンク貼りを意識するようにしましょう。

サイトアフィリエイトの被リンクを付けるときの陥りやすい3つの注意点

被リンク対策をするのにいちばんいいのが良質な情報を提供して他のユーザーに紹介してもらえるのが一番ですがそれは難しいので、自演の被リンク対策をする場合、グーグルからペナルティを受けないための3つの被リンク対策方法を説明します

アンカーテキストが偏っている

アンカーテキストというのは、

<a href=”http://”>詳しくはこちら</a>

と いう様に記述して、クリックできるようになったテキスト文字 のことです。

この例では、アンカーテキストは『詳しくはこちら』です

被リンクからのアンカーテキストが明らかに全て同じだったり不自然な構造ですと

グーグルからペナルティをもらう可能性があります

なので言葉の分散が必要になります

サイトボリュームと比率があっていない

被リンク対策をするタイミング・やり時でも説明しましたがサイトボリュームが少ないのに明らかに被リンクの数が多すぎるといったり

リンク構造に不自然がある場合も危険ですのでサイトボリュームができてからの対策をしましょう

 

被リンクの為のサイト

被リンクとしてサイトを作ったのがグーグルにばれてしまう場合ペナルティをもらう

危険性が大きいです。

更にこの場合、被リンクとしてのサイトからのリンクをもらうだけでペナルティをもらう可能性もあります

ペラサイトでしたり被リンク購入ですとこのような危険があるのでなるべく避けたいですね

SEO対策すべてに言えることなのですが不自然にならないことをできるだけ意識してください

グーグルは自然が大好きなので自然な状態を意識して被リンク対策すればペナルティをもらう可能性は少ないでしょう